香川高松 交通事故の後遺症(事前認定・異議申立・被害者請求)支援

香川高松 交通事故の後遺症(事前認定・異議申立・被害者請求)支援

交通事故等の後遺症とは!?

 

症状固定後も残ってしまう機能障害,運動障害,神経症状(痛み,しびれ)等の症状のことをいいます。

 

症状固定とは?

一般的に「医学上一般に承認された治療方法をもってしてもその効果が 期待し得ない状態で,かつ,残存する症状が自然的経過によって到達すると認められる 最終の状態に達した」状態と考えられています。

純粋な医学上の概念ではなく,保険請求実務・法律(裁判等)上の考え方です。

主治医を含めて,誰もが,治療中にはその時点が「症状固定」であると正確に示せない可能性(相当後になって,振り返って判断して見なければわからない場合もあり得るなど)もあります。

 

しかしながら,交通事故の保険請求においては,症状固定時期が極めて重要になります。

なぜなら,症状固定までに発生した治療に関する期間,費用などに基づいて治療費,交通費,休業損害などを請求でき,症状固定以降は,後遺症に関する慰謝料や逸失利益という概念で損害が算定されるとの実務になっているからです。

つまり,症状固定後に治療を受けても,その治療費は損害の概念には含まれなくなるのです(自己負担で治療を受けることになります)。

症状固定してはじめて総損害額が算定可能になるため,症状固定を待って請求,交渉をすることが一般的です。

 

実務的には,主治医が,「これ以上治療を続けても、回復する見込みのない状態」になったと判断し,症状固定と認定し,必要に応じて後遺症診断書の作成を求め請求,交渉を行うことが通常です。

 

加害者側の損保会社から,治療費の支払い(立替払い)を「打ち切り」と通告する場合がありますが,その根拠としてその損保会社が症状固定になったと(主治医の意見などを基に)判断したと説明する場合があります。また,相手方損保会社担当者から,「症状固定」として治療を終了して欲しいと依頼されたり,相当強引に圧力がかけられ,安易にそれに応じてしまって後悔している事案も見分しています。

 

後遺症の認定方法は?

 

事前認定(加害者側の損保会社が支払いの前提としても認定請求をする)が一般的です。

 

被害者請求(被害者側からの自賠責への請求)による後遺症に該当するかどうかの判断を求めることもできます。


損害保険料率算出機構(またはJA共済は独自)で後遺障害等級(1~14級)に該当するか否か,該当するとすればどのようになるかとの判断が行われます。

 

これらの認定に不服がある場合には,異議申立が可能です。

 

また,これらの後遺症の認定は私的な団体の評価にすぎませんので,真実は自分が正しいと考えている後遺症等級に該当するとして裁判所に提訴(訴訟提起)して裁判官に判断してもらうという事も可能です。


ただし,損害保険料率算出機構の認定には相当の信頼性がありますので,それを覆すには具体的な根拠(特に医学的な根拠に基づくもの),資料の分析,提出が必要です。これは,異議申し立ての場合も同様です。

 

交通事故の被害にあってお困りの方からのご相談を経験する中で,症状固定,後遺症他治療や損害に関する知識が乏しいことに加えて,一方的な加害者側損保会社担当者の不正確な説明や主治医自体正確かつ適正には判断,対応しきれていない場合が多いことに驚いています。

特に,臨床医の感覚(患者様の状態,治療の意義・必要性・その後の見込み等)と損害保険,交通事故をめぐる法的,請求の実務(損保会社の思惑等)は,医学教育では症状固定や損害賠償に関する事項は全くといっていいほど含まれていないことから,かけ離れていることも少なくはありません。

 

あすか総合法律事務所は,臨床医の経験,医学的な知識を含め交通事故被害者の後遺症(事前認定・異議申立・被害者請求)支援を行っています。

 

⇒ホームへ